プロミスと契約するときの持ち物には銀行口座も印鑑も不要、会員サービスから口座登録

契約をするためには本人確認書類と場合によっては収入証明を持参することになります。
よく勘違いされがちになるのは銀行口座と印鑑。
通常の消費者金融においてこれらを持ち物としているところはありませんのでプロミスにも契約に持参する必要はありません。

印鑑は利用中に必要になることはありませんが、銀行口座は場合によって必要になることがあります。
振込キャッシングを希望する場合、そしてインターネット返済と口座振替を利用する場合です。

振込キャッシングは自分の口座に借り入れ金額を入金してもらう方法になります。
金融機関口座を持ち合わせていなくてはなりませんのでこの時に銀行の口座が必要になることとなります。
返済としてはインターネット返済と口座振替のときに必要になります。
インターネット返済ではインターネットバンキングを経由して会員ぺp-時から返済をすることになり、口座振替は決められた返済期日に口座から自動的に引き落としによって返済をすることになります。
いずれも便利な方法ばかりです。

ただし、どの銀行を使うのかによってメリットが変わってきます。
プロミスを利用するときにはお勧めしたいのは三井住友銀行口座、そしてジャパンネット銀行口座です。
振込キャッシングも瞬フリが利用できるようになり、口座振替も返済期日をい選ぶことができ、インターネット返済も利用することができます。
どの場合においても二つの口座は便利になりますのでどちらかを一つ用意しておくと便利になってきます。
プロミス審査基準とは?審査前に押さえるポイント教えます。はこちら